富士登山と信仰

古くから脈々と続く富士山信仰の歴史について
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 初心者のための基本情報 > 富士登山と信仰

富士登山と信仰

富士山は古くから神聖視されていました。

特に度重なる大きな噴火は驚異であり、それを鎮めるために山そのものをご神体とし浅間大神を祀ったのが浅間神社の始まりです。

富士山の頂上には富士山本宮浅間大社があり富士山の神を祭っています。
富士山の8合目より上の部分は、登山道、富士山測候所を除き、この浅間大社の所有物となっています。

その後も。修験道の開祖として知られる役行者が伊豆大島に流された際に夜間富士山に飛んだという伝説があったり、平安時代に数百回の富士山登山修行を重ねた末代上人が富士山頂に大日寺を建立したりと信仰の対象となってきました。

江戸時代になると富士山の登拜が庶民の間でも広く行なわれるようになってきました。
庶民は富士山への信仰を強くし、特に江戸の各地には富士山を遥拝する富士塚が多く作られました。

富士塚は土を盛って作られた人工の小さな山で、富士山がよく見えるところに作られ、山頂には浅間神社が祀られています。
これは富士山に行くことが出来ない人たちでも擬似的に富士山の登拜を体験することができるようにするものでした。

こうした富士山信仰の高まりを受け、江戸時代には富士山信仰を基盤とした神仏混交の新宗教が多数登場しました。
新宗教は江戸で布教を行い幕府にとっても無視できない規模になり幕府の弾圧を受けたりもしましたが、今でのその命脈を保っているものもあります。

現在においても富士山は新たな信仰を生み出す基盤となっており、オウム真理教や法の華三法行が富士山のふもとに本部を置いたことも記憶に新しいですね。

初心者のための基本情報
«富士山の歴史 ←前の記事  次の記事→ 山開き・登山時期と気候 »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved