田子の浦から富士宮市街へ

富士宮口登山道から富士登山のスタートは、田子の浦です。田子の浦で海を見た後、潤井川に沿って富士宮市街まで向かいました。
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 富士宮口登山道 > 田子の浦から富士宮市街へ

田子の浦から富士宮市街へ

今年もやってきました。富士登山に!

去年は、自転車で富士スバルラインを登りその後河口湖口登山道から富士山頂上を目指しました。

富士山には4つの登山道があることだし、去年とは違うところから登った方が面白いかな〜ということで、今年は南側にある「富士宮口登山道」を登ることにしました。

一般的な富士登山ではバスや車で富士山スカイラインを登って5合目から登山するというスタイルをとるのですが、今年もやっぱり「どうせ登るなら0合目から」と思いついてしまい自転車で富士山の五合目を目指します。

さらに今年は、海抜0mから富士山の標高3776m全制覇を目指すために、海からスタートしちゃうよ♪と田子の浦からスタートしたのですが、このことが後で大変なことに・・・

富士田子の浦がある「JR吉原駅」まで輪行してきました。

埼玉からは湘南新宿ラインと東海道線を乗り継いで3.5時間〜

駅前で自転車を組み立てたらいざ出発!
今日は距離約85km、標高差2400mを走るかなり過酷なコースですからはりきっていきましょう〜

まずは標高0mの証として海にタッチしていきたいところ。

が、田子の浦は「港」なので岸壁(海面まで10mくらいある)しかない!
うぉぉ。。。海まで手が届かない・・・

砂浜で海にタッチしてから行こうと思ってたのに(涙)

ま、仕方ないので港の隣にある「富士と港の見える公園」で、田子の浦を一望してから行くことにしました。

富士と港の見える公園では、その名の通り富士山と田子の浦港を見渡せるらしいのですが、今日はあいにくの曇りで富士山を見ることができませんでした。

ん〜、富士山、あの辺りかな〜、と。

さて、いよいよ本格的に出発。
本日登るコースはこんな感じです。

  • 潤井川沿いに富士宮へ
  • お宮横町と富士山本宮浅間大社を見学
  • 富士山スカイラインを五合目へ!?

潤井川沿いに富士宮へ

田子の浦港を出発し最終的に富士山5合目を目指しますが、まずは富士宮口登山道のスタート地点がある富士宮市を目指します。

事前にネットで調べたところ、富士宮市から田子の浦に向かって流れている潤井川に沿って遊歩道が整備されている感じだったのでそちらに向かいました。

富士が、遊歩道はありませんでした(汗)

代わりに土手の上に未舗装の道があったのでそこを進んでいきます

しばらく走っていくと、途中から舗装されている部分があったり、ちょっと進んだらまた途切れたりという感じを繰り返していきます。

今日は「バイクフライデー」で来たので、未舗装路を走るのはちょっとキツイので一般道と川沿いを行ったり来たりしながら進みます。

富士市文化会館から中央公園のところまでは遊歩道が綺麗に整備されていました。

そのもうちょっと北側に「富士見橋」という橋があったので橋の上から富士山の方を見てみましたが、あいにく富士山は雲の中〜

富士さらに登っていくと流れはかなり急峻になり岩が荒々しい渓谷になってきました。

左に写っているのは王子特殊製紙の水力発電所でしょうか?

この近辺は富士山から流れ出る湧き水が豊富なところで、アチコチに水量豊富でキレイな水路が流れています。

この豊富な水を利用して古くから製紙産業が盛んらしく潤井川沿いにもたくさんの製紙工場がありました。

富士たくさんの水路を横切って進みます。

水路好きな僕としては、なんだか楽しい気分になってきます♪

製紙工場地帯から先は、潤井川沿いを進むことができなそうだったので一般道を走って富士宮市街を目指します。

富士宮口登山道
  次の記事→ お宮横町と富士山本宮浅間大社 »
田子の浦から富士宮市街へへの感想・追加情報

富士山のことをこんな形で取り上げてくれてありがとうございます。
富士山は、「一度も登らぬバカ、二度登るバカ」と言われているにもかかわらず、しかもこの地に生まれ住んで40年近くになるのにもかかわらず、まだ一度も登ったことがありません。子供の頃は、自転車好きで、富士宮や沼津には何度も自転車で行ったことがありますが、朝夕眺めている富士山に自転車で登ろうと考えたことは、思えば一度もありませんでした。このあたりに住む人はおそらく「うちの富士山」を皆さん持っているはずです。もちろんうちにもありますし、実家にもあります。何のことはない、窓から見えるその風景を言っているのですが、東京の大学に通っていた学生の頃、友人に普通にうちの富士山を語って面白がられました。多分、このあたりに住む人みんな自分のものだと思っているのが富士山です、空気みたいな感じで。

>大村さん、こんにちは
僕の友人も言ってたのですが、地元の方って意外に登ってなかったりするみたいですね〜。毎日に慣れた富士山も実際に登ってみるとまた違った魅力があるかもなので、今シーズンは是非行ってみてください♪

始めまして。ネットで書き込みするのは初めてで慣れていませんがよろしくお願いします。「水路好きな僕」を見て感動しました。私は富士宮市の登山道出発点付近(写真にありましたが)に住んでいます。富士、富士宮の用水路を自転車で巡っています。用水路の綺麗で早い流れを見ていると元気になるような気がします。富士宮の用水路の水源は、井之頭地区の湧水や白糸の滝の伏流水が主です。この水が芝川の裕な水となります。用水路経由で潤井川の水源にもなります。芝川がなかったら、富士宮の水田は数%になってしまったと思います。尚 浅間神社は、昔は山宮にあり806年、坂上田村磨により現在に移転されたと本に記載されています。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved