富士山スカイライン、二合目の罠・・・

引き続き富士山スカイラインを自転車で登ります。一合目から二合目を過ぎて次は三合目・・・かと思ったのですが!売店の案内もあります。
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 富士宮口登山道 > 富士山スカイライン、二合目の罠・・・

富士山スカイライン、二合目の罠・・・

いやー、っていうか7%勾配が延々と続く登りってすっごくキツイです(T T)

僕はこのとき既にかなり燃え尽きていたわけですが、この後の宿泊地が御殿場なのでなんとしても東臼塚までは登らねばなりません。

頑張れ、僕・・・!

ふと気が付くと周囲の風景は、植林された杉林から、あまり手の入っていない雑木林へと変わっています。

ところどころに沢の流れを示す看板があったりするんですが、水は流れていない感じでした。

富士富士山麓山の家(富士宮から約17km)の入り口を過ぎたところに「レストラン・ブロードリーブス」があり水分や食糧の補給が可能です。

後で明らかになるのですが、この先5合目まで補給ポイントがありません・・・

僕は、このとき「西臼塚の駐車場辺りになんかあるでしょ」と思って補給しなかったのですが、これが大失敗!

富士西臼塚の駐車場には売店なんて影も形もなくて小さなあずま屋があるだけでしたよ・・・

やばーい。
もう、水分も食料もあんまり無いんだよな〜
オマケに時間は既に14:00をまわっています。

むむぅ、あと標高にして1200mほど登らなきゃいけないんですよね〜。下って御殿場まで向かうことを考えると16:30くらいには五合目にたどり着かないと間に合わないし。

なんだか「じわ〜」と、計画の無謀さが身にしみてきました(笑)
(っていうか、いつもどおり?)

富士富士

売店の最後の望みを五合目方面と御殿場方面への分岐点に懸けていたのですが、あえなく撃沈。

「元」売店らしきものはあったものの休業中な模様です。

う〜ん、困ったぞ・・・
体力的には大丈夫ですが、脚は売り切れ寸前、水分はあと200mlくらいしかありません。

で、ここで諦めて御殿場に下っちゃおうかなぁとも思ったのですが、せっかくここまで来たので行けるところまで行ってみることにしました♪

富士五合目方面に向かってすぐのところで、鹿と遭遇!

惨敗感漂う僕を応援してくれているのか?

さて、先ほどの分岐点。
写真が小さくて分かりにくいのですが、売店のところに「二合目」って書いてあります。

なら次は三合目だよね〜

道端の古い標識には消えかけた文字で、100m毎の標高が刻まれています。
1500m、1600mと通り過ぎて・・・

富士そろそろ三合目か!?

と思ったらなんと二合目の看板!これぞ富士山マジック・・・

おぉぉぉぉ・・・
さ、三合目だと思ってたのに・・・

富士登山では往々にしてこういった「だまし」に心を折られるので注意が必要です。
しかもですね、1600mの看板を過ぎてしばらく登ったのにまた「1600m」って書いてあるし。

ちなみに、この二合目の看板がある高鉢駐車場の標高はホントは1660mくらいです。

さて、ここで残念なお知らせがあります。

「心が折れました(汗)」

ものすごーく悩んだのですが、この先水分がない状態では五合目まで登り切れそうにありません。(翌日判明したのですが、この先5合目までは売店が一つもありません)

今回は準備不足によりこれ以上は無理と判断し、ここで諦めることにします。

絶対近い内にリベンジしてやる!

秋にリベンジに成功しました!
紅葉の富士山スカイラインにリベンジ

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved