2日目 富士山で御来光を見よう!

富士登山2日目。8合目手前の東洋館を出発し、富士山からの御来光をみたいと思います。悪天候の中、御来光に出会えるか!?
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 河口湖口登山道 > 2日目 富士山で御来光を見よう!

2日目 富士山で御来光を見よう!

寝たか寝てないかよく分からないまどろみの中目覚める・・・

予定では12時半ぐらいには山小屋を出発し、頂上で御来光を迎える行程です。

が、外からは「ザー」という嫌な予感が・・・
外は雨。。。それもかなり降っています(T T)

一応簡単な雨具は用意してきたものの、こんな雨の中で富士山を登ろうものならびしょ濡れでイヤーな感じになるのは必至です。

ここは、もうちょっと雨が収まるまで待ちましょうか♪

霧の中登り始める動き出したのは結局、4:30頃

まだ霧深いものの雨はひとまず収まったようなので富士山登頂に向けて出発です!

雨はやんだものの、濃霧というか雲のまっただ中(T T)
普通に歩いているだけで、霧が水滴となり体を濡らすため雨具を装着して進みます。

足場は昨日に引き続き、急な岩場となっているので足を滑られないように注意が必要です。

海抜3000mだんだん夜が明ける太子館まであと少し

東洋館」を出発して10分くらい歩くと暗闇の中に、なにやら看板が・・・

「ここは海抜3000m」!!
ついに来ました3000m、大台を突破して感動ひとしお♪

と、感慨にふけっていると空がだんだんと明るくなってきました。
もうすぐ御来光?

河口湖口から登った場合はほぼどこからでも御来光が見えると聞いていたのですが、本当に大丈夫か?

太子館に到着5:05八合目「太子館」に到着〜

標高は3100m
いつの間にか結構登ってますね〜

ちなみに、この「太子館」という名前は、聖徳太子が馬に乗り富士山に登ったと言う伝説に由来しているそうですよ♪

八合目太子館山小屋の朝食富士山八合目救護所

歩き始めて30分ほどですが、急速にお腹が空いてきました(笑)
お腹が空きすぎると「ハンガーノック」という状態になり動けなくなってしまうため、早め早めの燃料補給が重要です。

というわけで、太子館の前で朝食。
朝食は東洋館でいただいたおにぎり。鮭とたくあん付きで結構旨かった♪

太子館横には八合目救護所がありますが、ここから先頂上まで救護所がないので体調を整えて進みたいところです。

火山岩を登山太子館での朝食&休憩を終え再び出発。

道のりは引き続き岩の道ですが、周囲はかなり明るくなってきました。

ここから先は「胸突き八丁」といわれ、富士山で最もツライ登りになるそうですが焦らずのんびり行きましょう♪

さて、ここでちょっとした疑問が?

今日の日の出って4:45くらいのはずなんですよね〜
今は既に5時をまわっているわけで、ふと気が付けば周囲も結構明るいです。

もしかして、御来光もう終わっちゃったのかな?

御来光1御来光2御来光3

と、寂しく思っていたその直後、正面の雲間から・・・

何かが・・・、どんどん明るくなってきます!

御来光キター

おおぅ!太陽だ!!
厚い雲の下に隠れていた太陽が、まさに今昇ってきました〜

地平線からの御来光ではないけれど、厚い雲の下から昇ってきた太陽は周囲の景色をあっという間に一変させてしまいました!

これはスゴイ!
無理して夜間に登った疲れが一発で吹っ飛ぶほどキレイです〜

富士山の山肌日の出と雲海吉田大沢

さっきまで、あんなに霧でどんよりとしていた景色が一変、こんなに爽やかな風景に(笑)

河口湖口登山道
«1日目 七合目からは山小屋巡り? ←前の記事  次の記事→ 2日目 八合目?本八合目? »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved