富士山お鉢巡りツアー♪

久須志神社は本当の富士山頂ではありません。日本最高峰剣が峰を目指して富士山頂お鉢巡りツアーにスタート!
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 河口湖口登山道 > 富士山お鉢巡りツアー♪

富士山お鉢巡りツアー♪

河口湖口から登ること数時間、久須志神社の鳥居を抜けて

やったー、頂上だ!

と、記念写真を撮ったり頂上ラーメンを食べたり感動もひとしおですが、ここで油断してはいけません(笑)

一見頂上に見えるこの場所の標高は「3720m」
お気づきと思いますが、確か富士山の標高は3776mだったはず・・・

そうです。
実はここ、本当の頂上ではないんです!

富士山の山頂には、直径約600mにも及ぶ火口がありその周囲をグルッと歩くことができます。
これを「お鉢巡り」といい、頂上だと思って油断した我々を迎え撃つ全長約3kmのオプションコースになっています(笑)

先に書いた「富士山の本当の頂上」は、剣が峰といって、お鉢巡りをするコースの途中にあります。
(ちなみに、河口湖口から登ると最も遠いところにありますw)

せっかく登ったのに、本当の頂上を拝まずに下るわけには行かないので、お鉢巡りツアースタート♪

富士山頂の霧火口の文字富士山の岩

9:15 お鉢巡りスタート

富士山の火口とか見えると良いなぁ〜、と張り切って出てきたものの、この霧(T T)
はっきりいって、歩きのもおぼつかないくらい何も見えません・・・

通常、お鉢巡りというと時計回りに廻るんだそうですが、今回は何となく反時計回りに進んでいきますw

途中、久須志岳の手前に石でたくさんの文字が作られてる場所があったのですが、霧でほとんど見えませんでした・・・

地獄っぽい?霧が凄くてよく分からないのですが、たぶん久須志岳の山頂辺りではないかと。

緑は一切無くて、霧と溶岩石の風景はどこか不気味であの世っぽい感じがしますね〜

途中で晴れてこないかなぁと思って出発したのですが、一向に晴れる気配がありません。

この辺りには、釈迦の割石・金明水・小内院といった見所があるらしいのですが、一切見ることなく通過・・・(T T)

日本最高峰「剣が峰」に到着

剣が峰への登り富士山測候所富士山三角点

10:15 剣が峰到着

深い霧の中、じわーと登った先に、富士山測候所がありました。
実はここが標高3776m、日本で最も高い場所、富士山の山頂・剣が峰です。

富士山測候所の脇には、富士山頂上を示す三角点や、日本最高峰富士山剣が峰の碑、電子基準点などがあるので、一通り眺めたりします。

日本最高峰富士山剣が峰日本最高峰富士山剣が峰の碑

ついに日本で最も高い場所にやってきました!

天気が良ければバックに火口が見えるはず?

剣が峰の山頂には富士山測候所があり、その脇には展望台があります。

以前登ったときには、ここから感動的な雲海の景色を眺めることができたのですが・・・

富士山測候所展望台展望台からの眺め電子基準点

だめだこりゃ・・・
何となく予測はしていましたが、天候不良のため、何にも見えません(T T)

登っている途中の天気が良かっただけに非常に残念ですが、これもまた富士山ということで♪

馬の背奥宮手前のお地蔵様富士宮口トイレ

お鉢巡りの最難所といえば、「馬の背」と呼ばれる剣が峰に至る登り坂です。
滑りやすい砂礫の急斜面で非常に歩きにくい場所なのですが、今回は反時計回りなのでこの坂を下ることになりました。

下りは楽かと思ったりもしたのですが、これはこれでキツイのでどっちが良いのかは微妙なところです(笑)

浅間大社奥宮

浅間大社奥宮10:40 浅間大社奥宮
富士宮口から登った際に頂上になる場所です。

富士吉田の浅間神社からスタートして、やっとここまで来ましたよ〜

浅間大社本殿浅間大社の中富士山頂郵便局

浅間大社奥宮の脇には「富士山頂郵便局」があり、ここから登山記念の郵便を送ることができます。
富士登山記念に、友人や家族、自分宛に何か送りたいところなのでさっそく向かいますが・・・

「毎年7月10日から8月20日まで開設しています」

うわ!
今日は8月27日ですから、既に営業を終えたあとでした。。。

御殿場口頂上10:45 御殿場口頂上

浅間大社からちょっと下ると御殿場口の頂上がこぢんまりと見えてきます。

割とにぎやかな他の登山口に比べると非常に静かな場所です。

御殿場口頂上には、銀明水という霊水が湧き出ています。
こんな砂礫の土地、しかも山頂に湧き水が湧いているというのはとっても神秘的で、これぞまさに「霊水」という感じです。

銀明水富士山山頂電話交換所東安河原

銀明水を過ぎて少し登ると、「東安河原」と呼ばれる景色が開けたところに出ます。

ここにはNTTの電話交換所があるのですが、作業員の方がなにやら解体中でした。

赤い岩溶岩石

ここから先、成就岳・伊豆岳・大日岳という小さめのピークを3つほど越えていくとスタートした河口湖口頂上「久須志神社」に到着です。

大日岳頂上11:05 大日岳山頂

山頂に立つ鳥居には鈴がいっぱい縛り付けてありました。

ちなみに、天気が良ければここから久須志神社方面を見渡すことができるそうです。

須走口下山道11:10 須走口下山道

お鉢巡りをグルッと回って元の場所に戻ってきました。

帰りはこの須走口下山道を下ります。

お鉢巡り終了♪

いやー、お疲れさまでした!
富士山を「登る」という意味では全ての行程を終了です♪

そうなれば、これまで我慢に我慢を重ねてきた「アレ」ですね。

ビール購入ビールゲット乾杯

そうです。富士登山を祝して「乾杯」です!

「みんなお疲れ〜」
苦労の末に富士山頂で飲むビールは格別なはず・・・?

あれ・・・
いや、これはちょっと・・・

正直に言っちゃうと、「まずい!!」
なんというか、これビールとは別の何かですよ〜

富士山頂は気圧が低いため中に封入された炭酸ガスがスゴイ勢いで抜けてしまいます。
そうなると、のどごしは最悪、飲もうとしてもなかなかノドを通り抜けていきません。

おまけに、飲み会の席で放置され味は気が抜けてしまったビールのような味(笑)

富士山頂でビールは飲むもんじゃないなぁと思いましたが、これはこれで良い思い出かもしれませんね♪

河口湖口登山道
«2日目 富士山登頂! ←前の記事  次の記事→ 下山編 最初は快調に♪ »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved