自転車で富士登山【事前調査編】

自転車で富士山五合目まで登山します。今回使ったルートは富士スバルラインです。
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 河口湖口登山道 > 自転車で富士登山【事前調査編】

自転車で富士登山【事前調査編】

どうせ富士山に登るなら、5合目まで自転車で登ってあの後徒歩で頂上を目指せば、富士山全制覇だ!

と、思いついたまではいいのですが、正直この組み合わせがどれくらい大変なのかさっぱり分かりません・・・

そこで富士登山&頂上は本番のお楽しみとして、とりあえず富士スバルラインを自転車で登ってみたのでその時の様子をレポートしておこうと思います。

富士スバルラインを自転車でゆく!

前日、早く寝過ぎてしまったため今日の目覚めは朝5時30分。
ちょうど良いので熱射病対策をかねて朝早くに出発することにしました。

今日は富士スバルラインを使って五合目まで登ります。

ここまでは、じわっとした登りで富士スバルライン入り口からいよいよ本格的な登りになります。

富士スバルラインは、河口湖から富士山五合目まで続く距離約30km、標高差1,450mの有料道路です。

他の山道等と違い急カーブや急勾配等が少ないのが特徴です。

ゲートにて料金を払っていよいよ富士スバルラインに突入です。

料金は320円。
車は2,300円なのでの7分の1位の値段で登れます(笑)

料金所でお金を払っていると先に入ったロードの方がすごい勢いで坂を上っていきました。

なんでも、ロードの人たちは五合目まで1時間くらいで登るそうです。
平均時速で25〜30kmと平地の僕より早いわけではっきりと性能の差を見せつけられましたが、気にしても仕方ないのでマイペースで進むことにしましょう♪

途中、正面に富士山が見えるまっすぐな登りを進んでいきますが、これが予想以上にツライ・・・
やはり山はつづら折れの方が精神的に楽ですね〜

剣丸尾駐車場(標高:1294m)にて1回目の休憩。

後で分かることですが、実はまだ一合目にもたどり着いてません・・・

実は今回登る前にはほとんど事前調査をしなかったため、休憩所の場所はおろか距離・標高差まで全く知りませんでした・・・。

おかげで、先ほどの休憩の時だいぶ登ったつもりになっており「あと1回くらい休めばいけるかな〜」などと余裕をかましてしまい、あとで衝撃を受けることに。。。

なんとやっと一合目!

前方に大きな看板が見えてきました。

「お、もしかしてそろそろ三合目とか♪」と、思いましたが・・・
なにぃ!一合目(1405m)だと!!

衝撃的な事実ですが受け入れなければなりません(笑)
自分的にはかなり登ったつもりでしたが、なんとまだ一合目!?

ここからスタートって感じ・・・

ほどなく二合目(1596m)に到着。

一合目から二合目は結構近いのであっという間です。
一体どういう基準で分けてるんでしょうか?

二合目を過ぎたところにある樹海台駐車場にて2回目の休憩をとりましたが、すでに写真を撮り忘れるくらいの疲れ具合(T T)

やはり、一合目までの登りでだいぶん消耗していたようです。
最初から分かっていればショックも少ないので本番は大丈夫だろう(笑)

富士山の景色の変化を楽しんでみる

自転車で登る富士登山では、かなりの標高差を登っていくことになります。

このため周囲の景色がだんだんと変わっていく様子を同時の楽しむことができ、余裕があればゆっくりと観察したいところです。

ところどころ溶岩石が見えていて、ここかかつて激しく噴火した火山であったことを思い出させます。

時々、山野に見られる植物の「ホタルブクロ」などがきれいに咲いていたりもします。

ホタルブクロは6〜8月に咲く花なので夏の富士登山の時期にはちょうど見頃といった感じです。

だんだんと登るにつれて木が減ってきて、火山岩の山肌が露わになってきました。

標高が上がると共に環境が厳しくなっているということでしょうか?

富士山五合目まであと少し〜

標高2000mをちょっと過ぎた辺りで四合目の看板が見えてきます。
残すところ標高差で250m程度となって自転車的目的とまであと少しですが、ここら辺から急激に気温が下がってきました。

っていうか、あまりにも寒くて休憩とかしてられません・・・
とても平地と同じ夏とは思えない寒さに準備不足の自分を呪います(笑)

本番の時はちゃんとウインドブレーカー持ってこよう!

五合目直前の奥庭駐車場。

登ったのは8月初旬の土日ですが、車はこの辺りまで並んでしまっておりやはり河口湖口は混雑しているなぁと。

多くの人がこの辺りに車を止めて1km程歩いて五合目に向かっているようです。

というわけで、何とかゴール♪

一応無事に登り来ることができました〜

下見をしたおかげでだいたいの感じがつかめました。

僕の足だと富士吉田の駅から金鳥居経由で登りはじめた場合、3〜4時間くらいは見ておいた方が良さそうですね〜。

あとは寒さ対策。
本文にも書いたとおり富士山五合目までくると平地とは別世界なくらい寒いので、そこら辺の対策は必要です。

頂上を目指す場合は、いずれにしても防寒対策は必須なのでそこら辺の準備を抜かりなくやって置かねば・・・

というわけで、次回はいよいよ本番です。
無事に頂上までたどり着けるか・・・?

河口湖口登山道
«富士スバルラインマップ ←前の記事  次の記事→ 1日目 富士登山開始! »
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved