須走口から登っちゃうよ♪

今年も富士山の頂上を目指して登山するために須走口にやってきました。須走口までの交通手段(バス)と山小屋の状況について
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 須走口登山道 > 須走口から登っちゃうよ♪

須走口から登っちゃうよ♪

一昨年は「河口湖口登山道」、去年は「富士宮口登山道」からの富士登山にチャレンジしました。

登山ルートについて」にも書いたとおり、主に富士山には4つの登山ルートあるのでせっかく登るなら今まで登ったことがないルートが良いよなぁ〜、ということで2008年にセレクトしたのは須走口登山道。

須走口登山道は富士山の東面を登る登山道で、スタート地点となる五合目の標高は2000m(標高差1776m)、頂上までの距離は約7.3km(実測)、と4つの登山道の中では中くらいの難易度のルート。

富士登山ツアー等で設定されることが多い河口湖口や距離が短いことから利用者の多い富士宮口に比べて、利用者も比較的少なく落ち着いて登れることから密かに人気のコースだったりもします。

そんな須走口からのぼった様子を詳細にレポートしたいと思います♪

須走口までのアクセスは?

須走口五合目までは、マイカーで登る以外はJR御殿場駅もしくは小田急線新松田駅から路線バスを利用することになります。

この登山バス、お盆の混雑期以外は便数が少ないためかなり混雑します。
普通の路線バスなので座りきれない場合はもちろん立つことになり、御殿場からの場合1時間くらい立って行かねばならないので電車から降りたら我先にバス停の順番を確保するのがよいかと思われます(笑)

今回もバスは満車・・・
かなりの数の方が立っていて、登山前からお疲れさまです、と思わずにはいられません(汗)

JR御殿場駅バス停 富士登山バス 須走口五合目バス停

12:03
そんなこんなで、須走口五合目に到着〜

車窓からチェックしたところでは、五合目から2kmくらい下までマイカーの駐車列が続いており(駐車場に入りきれないため路駐している)、車で来るのもそれはそれで大変だなぁと思ったり思わなかったり・・・

ちなみに例年は五合目まで自転車で登ったりするのですが、今回は諸事情でパスして秋ぐらいに改めて登ってみようと思っています。

五合目の山小屋で昼食を♪

五合目に着いたらはりきってスタートしたいところですが、いきなり登り始めてはいけません。高所に体を慣らすためにここでゆっくりするのが高山病を予防するポイントなのです♪

そこで時間的にもランチのタイミングなので、五合目の山小屋で昼食を食べていくことにしましょう。

須走口五合目入口須走口五合目の入口

標高2000mということで、天気の悪い今日は雲の中なのか全面に霧がかっています

五合目には「菊屋」、「東富士山荘」という2軒の山小屋が営業しています。

それぞれ飲み物や食事の値段は同じくらいなので、どちらを選んでも良かったのですが、何となく手前にある菊屋に入りました。

五合目山小屋 菊屋のメニュー 菊屋 中華丼

食事は、麺類・丼物が中心で概ね8〜900円くらい。
飲み物は下界の2倍くらいの値段でした。

今回は、中華丼:900円を食べてみましたが、ま。。。インスタント中華丼くらいのレベルで(笑)

山小屋の食事は微妙に量が少なかったりするので、この後山小屋の食事が少ないことと合わせて、食いしん坊な方は自分なりに食事を用意していくことをお奨めします。(今回僕は、コンビニおにぎりを2個持参してます)

後で調べたら、東富士山荘のキノコうどんが名物だったみたいで、しまった・・・、と。

それと、五合目のトイレ事情。
今回食事した菊屋は、山小屋利用者に限り無料のトイレが使えます。それ以外の人は有料(200円)のトイレを使うことになりますが、この後六合目まで結構距離があるので、悩みどころ。

須走口登山道スタート!12:45
お腹も満たされたのでそろそろ出発したいと思います!

東富士山荘の前には富士山五合目 標高2000mと書かれた石碑が建っています。

須走口登山道
  次の記事→ 五合目から新六合目まで »
須走口から登っちゃうよ♪への感想・追加情報

こんにちは、山下と申します。
8月15日に富士登山を計画しております。

ですが、先日の地震で取りやめた方がいいのか迷っております。もし情報ご存知でしたら教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

>山下さん
地震の件、確かにちょっと心配ですね。

すいません。。。僕も地元ではないのでちょっと分からないです~
登山道と関係が深い地区(須走口なら御殿場)の観光協会等に問い合わせてみるのが一番確実かと思います

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved