須走口の江戸屋ってどうなの?

須走口の山小屋「江戸屋」の評判ってどうなの?宿泊で登る場合、山小屋の快適度は結構重要です。そこで江戸屋に実際に泊まった感想を書いておきたいと思います。
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 須走口登山道 > 須走口の江戸屋ってどうなの?

須走口の江戸屋ってどうなの?

須走口登山道の中でも規模が大きいことから利用する人も多いように思われる江戸屋。もうちょっと標高が高いところにある胸突江戸屋とは姉妹店ということで内容は似たりよったりな予感がします。

そこで中の様子や泊まってみた感想を書いておこうと思います。

下江戸屋の外観江戸屋の外観

意外に小さくて250名もの人間が泊まれるようには見えません(汗)

この感想は事実で、夜中目覚めた人たちが口々に「頭が痛い」といってました。おそらく人を詰め込みすぎて軽い酸欠状態だったのではないかと思うのですが、山小屋に泊まって高山病が悪化したのでは本末転倒ではないかと・・・

山小屋の中の様子玄関ホール兼食事場所

ホール内には皇太子殿下が泊まったという看板も掲げられていますが、建物は結構古くお世辞にも綺麗とは言い難いです。

寝床は2人で1枚の布団くらいの狭さ寝床・・・

概ね一枚の布団に2人で寝る体制です。

体の小さな人ならギリギリ横になれる幅ですが、隣がおっさんとかだとかなり窮屈

しかも、掛け布団は3〜4人で1枚を共有しつつ複数枚を重ねがけという無理のある形式になっていて、これが想像以上に不便!誰か一人が起きると周りの2〜3人の布団が大きく動いてしまうので、おちおち寝てられないし、周囲に気を遣うとトイレに起きるのも躊躇われます。

おまけにですね〜
2段ベッド構造になっている下の段の天井が低すぎて起きあがると頭がぶつかります。
上段には比較的余裕があり頭の上に荷物を掛けることもできるのですが、下段にはそれもなく足下の通路に荷物を置く形となります。夜中、トイレに起きた人がいちいちこれに躓いて音を立てるのでうるさくて堪らない。

これまで3ヶ所の山小屋に泊まりましたが寝心地としては過去最低だなぁ。

夕食はカレーライス夕食はお馴染みカレーライス。

そこそこに美味しいのですが、男性はもちろん足りないので何らかの食料を持参した方がいいと思います。

富士山の山小屋で快適に過ごせると思う方が間違っているとは思いますが、やはりこれはあんまりではないかと。。。

あ、そうそう、江戸屋では宿泊者でもトイレを使うたびに100円かかります。
夜中に何度もトイレに行くとそれだけで結構な出費になるのですが、ベッドの下段は底冷えしてトイレに行きたくなるので、これは一種の罠なのではないかと思ったり思わなかったり(笑)

僕はそれほどデリケートな方ではないのですが、今年も一睡もできませんでした・・・
(でも、隣の見知らぬおじさんは気持ちよさそうに轟音をたてながら寝てましたがw)

須走口登山道
«七合目 大陽館、頂上を眺めながら登る ←前の記事  次の記事→ 夜間登山へGo! »
須走口の江戸屋ってどうなの?への感想・追加情報

詳細な記事を書いてもらってありがとうございました。

山小屋を使わずに自分でテントを持って登山すれば、使用できますか?!

>ジェンさん
富士山はごろごろした岩ばかりの山であまり平らなところがないので、僕が見た限りではテントなどを開いている人はあまり見かけませんでした。

休日とかは人が多いですしね~

山小屋を使わない方は、岩陰などでアルミシートをかぶって寝てたりするのですが、アレも結構寒いんじゃないかと・・・

こんにちは。楽しく読ませていただいています。
私も今年こそは富士山の頂上を極めたいと思っています。

さて富士山でのテント泊についてですが、富士山は国立公園なのでテント泊は禁止、ということを聞いたことがあります。またテントを張っていて、監視の人に注意されてる人がいたのを、TVで見たことがありますよ。

>nobitaryoさん
そうなんですか!
確かにそれはありそうな話ですね~。実際テント張ってる人全く見たこと無いですし。

僕も勉強になりました。ありがとうございます♪

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved