八合五勺 御来光館、そして頂上へ

頂上までの間で最後の山小屋となる「八合五勺 御来光館」を通過したら、いよいよ富士山頂上までまっしぐら。果たして御来光を見ることができるのか!?
初心者のための富士登山ガイド
基本情報 | 富士登山の準備 | 河口湖口登山道 | 富士宮口登山道 | 須走口登山道 | 御殿場口登山道 | 体験談&山小屋の口コミ

初心者のための富士登山ガイド > 須走口登山道 > 八合五勺 御来光館、そして頂上へ

八合五勺 御来光館、そして頂上へ

2:57(気温9℃)
本八合目 胸突江戸屋を出てから約30分、五合目からの距離6.1km(八合目から0.8km)、渋滞に苦しみながらも八合五勺 御来光館(標高3450m)に到着♪

八合五勺 御来光館ここ御来光館は頂上までの間で最後の山小屋となります。
頂上までの距離はそれほど無いので空いていればあっという間なのかもしれませんが何しろスゴイ渋滞なので時間がサッパリ読めません(汗)

ツアーできている方々がまとまって休憩しています 道幅が狭くなるつづら折れの岩場では渋滞がさらに悪化 まだまだ渋滞

3:03
御来光館を出発するも、渋滞はより一層酷くなり歩いているよりも止まっている方が長く感じられます。

後でわかるのですが、この先は岩場を登る結構厳しいルートになっており、そこで人が溜まってしまっているみたいです。

富士登山ツアーの集団もここに至ってはなりふり構っていられないらしく「各自のペースで登って頂上で集合!」といった説明がアチコチから聞こえてきます。

迎久須志神社の白い鳥居 九合目 迎久須志神社に到着。通常頂上まで後30分

3:44
御来光館を出発してから40分、500m程の距離を進んだところで白い鳥居が見えてきて、その先に迎久須志神社(標高3560m)があり九合目に到着です。

街の灯り・・・ではなく、下から登ってくる登山者の灯りです 広場を見つけては休憩しているツアーの皆様 最後に真っ直ぐな岩場を登っていくと・・・!

ふと振り返ると眼下には富士山裾野の街の灯り・・・ではなくて、これから続々と登ってくる方々のヘッドライトの灯りが続いていました(笑)

九合目を過ぎた辺りから道は岩登り的になり、急斜面を登るキツイ道のりとなります。

そしていくつかのつづら折れを繰り返し、最後にちょっと長い直線を登っていくと、前方にぼんやりと白い鳥居が・・・!

頂上に到着、御来光は!?

4:46
日の出まで後15分というギリギリのタイミングで須走口頂上(標高3720m)に到着です!

八合五勺 御来光館を出てから約1時間40分、五合目からの距離7.2km(八合目から1.9km)の道のりを無事征服し、今年も富士登山成功です♪

渋滞で時間が掛かったように思ったのですが、空いている昼間に登った時でも1時間15分ほど掛かっていることを考えると、それほどでもないのかも?

須走口頂上 久須志神社の鳥居まで到着 この鳥居を抜けたら正面に久須志神社があり、一応の頂上です!

御来光まであと10分強だというのに、写真がずいぶん暗いですね・・・

じつは今日はかなり曇っていて、おまけに霧雨が舞っている状態。ストロボを炊いて写真を撮ると乱反射してしまいまともな写真が写らないのでこんな風なのですが、果たして御来光を見ることができるのでしょうか?

天候不良のため御来光間見ることができませんでした5:05
日の出らしい時間を過ぎましたが、太陽の「た」の字も感じることができません(T T)

なんとな〜く周囲が明るくなった気がするのですが・・・・

残念!
今回は天候不良のため御来光を見ることはできませんでした・・・

まぁ、こういう年もありますよ。だからこそ富士山は面白い♪

頂上は何しろスゴイ数の人! 久須志神社前にある「富士山山頂」の碑 山小屋もスゴイ人でここにいるのは無理と判断

明るくなって改めて周囲を見回すと、もの凄い数の人が御来光待ちをしていました。

いや〜、河口湖口の人気はスゴイと聞いていましたが、ここまでとは思いませんでした。正直、ここまでだと富士登山を楽しむという雰囲気ではないので、河口湖口を登るなら御来光は途中で見て、夜が明けてからゆっくり登るというスタイルの方がいいのかもしれないと思ったり。

参考:一昨年河口湖口を登ったときの様子(ゆとりある〜)

記念メダルを打刻中山小屋 東京屋の前では、富士登山を記念したメダルの打刻を実演中〜

ここでしか手に入らないし、良い記念になりそうなのでちょっと欲しいかもw

須走口登山道
«夜間登山へGo! ←前の記事  次の記事→ 下山 お鉢巡りを諦めて〜 »
八合五勺 御来光館、そして頂上へへの感想・追加情報

こんばんは。こちらの情報もご参考にさせていただきながら、2012年 8月 20日(月)に人生で初めて富士山を富士宮口から登りました。


私のプログに詳細は書きましたが、
諸般の事情により午後から登山となったものの、平日とはいうものの夜明け前の登山道の渋滞はすごいと、こちらにも書かれていたので、あえて富士宮口から無謀にも?何日か前に予約していました頂上富士館まで一気に登りました。

遅い出発にもかかわらず、なんとか日没直前までに頂上富士館まで登り切ることが出来ました。おかげで翌日の早朝は慌てなくて済んだのと、胸突八丁のあの険しい岩場を夜明け前の真っ黒ななか行かなくて済んで助かりました。

そして翌日の2012.8.21(火)の早朝、この日は晴天の夜明けでしかも日の出の方向に龍の頭のような雲があって、夜明け前のオレンジ色の閃光がこれに遮られて、お空がオーロラのようになっていましてそれはそれは感動そのものでした。

その後お鉢巡りの最中に、こちらでも取り上げられています東京屋さんで額入りのほうのコインを買いました。1800円だったです。ちょっと高いなぁ…と思いましたが、コインに日付を刻印してもらいました。


こちらでいろいろ登山情報をご紹介してくださっていたおかげで、情報を活用し初めての富士登山にも関わらず素晴らしい一生の記念になる登山が出来まして、どうもありがとうございました。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。











since 2006/08/12 Copyright (C) ina. All Rights Reserved